サロン脱毛器を網羅!IPL・S.S.C・SHR・ハイパースキン脱毛の特徴について

サロン脱毛の機械の種類って色々あるけど、どのサロンがどの脱毛器を使用しているのかよくわからなくなってしまいますよね。
そんなサロン別の脱毛器についてチェックしていってみましょう!

脱毛器の主な種類

脱毛器は大まかに4種類に分けられています。

  • IPL脱毛
  • S.S.C方式
  • SHR方式
  • ハイパースキン脱毛

IPL脱毛器

IPL脱毛はいわゆるフラッシュ脱毛・光脱毛と呼ばれる脱毛器です。
脱毛器から発射される熱で毛が生えている毛根に刺激を与えて抑毛・制毛します。
脱毛サロンの中でも半数以上がIPL脱毛器を使用しています。

毛に含まれるメラニンに反応するため、日焼け肌や白髪には効果が発揮されません。
痛みはサロン脱毛の中でも強めですが、効果も高い機械になります。

IPL脱毛器を使っているサロン

  • キレイモ
  • シースリー
  • 恋肌
  • ラココ

S.S.C方式

S.S.C方式は脱毛前に専用のジェルを塗布し、ジェルに脱毛器の光が反応してその中の成分が抑毛・制毛効果を与えます。
IPL脱毛よりも痛みが弱めだと言われますが、同じくらい痛みを感じる人もいて、感じ方は個人差があるかもしれません。

S.S.C方式の脱毛器を使っているサロン

  • ミュゼプラチナム
  • コロリー
  • 脱毛ラボ

SHR方式(蓄熱式)

毛根よりも浅い位置にあるバルジ領域と呼ばれる部分は、毛の発生に関わる細胞として注目されています。
そこに熱エネルギーを与えて抑毛・制毛効果を期待するのがSHR方式の脱毛になります。

毛根破壊(HR)式の脱毛器は生えている毛のメラニンに反応するため、毛周期に沿って脱毛しなければ効果がありません。
しかしSHR式の脱毛器は日焼け肌や白髪といった毛、または脱毛周期関係なく脱毛効果が期待できるといわれています。

痛みもIPL方式やS.S.C方式よりも小さいため、VIOなどの痛みを感じやすい部分をSHR式の脱毛器で脱毛希望する人も多いです。

SHR方式の脱毛器を使っているサロン

  • ストラッシュ
  • ラココ

ハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛はサロン脱毛の中でも「ほぼ無痛」と声の高い脱毛器になります。
ハイパースキン脱毛もSHR式と同じくバルジ領域にアプローチする脱毛方式ですが、こちらは休止期の毛穴に作用する仕組みになっています。

サロン脱毛の中でも特にダメージレスで脱毛できると話題の方法なので、脱毛特有の痛みが苦手な人はハイパースキン脱毛がおすすめです。

ハイパースキン脱毛を取り扱っているサロン

  • Dione

脱毛器種類別まとめ

IPL脱毛 S.S.C方式 SHR方式 ハイパースキン
痛み 弾かれるような痛み 部位によって痛みを感じることも ほぼ痛み無し ほぼ痛み無し
毛周期 成長期に反応 成長期に反応 関係無し 休止期に反応
白髪 脱毛できない 脱毛できない 脱毛可能 脱毛可能
日焼け肌 脱毛できない 脱毛できない 脱毛可能 脱毛可能

サロン脱毛といってもこのように使う機械によって脱毛の効果が変わってきます。
カウンセリング時に説明があると思いますが、事前にある程度脱毛できる毛やメリット・デメリットを知っておくと便利ですね。