VIO脱毛の海外事情は?ハイジニーナは当たり前?

VIO脱毛

美意識が高い女性の中で常識になってきているVIO脱毛
芸能人やモデルも脱毛している事を公表していることによりさらに注目されるようになりました。

女性のデリケートゾーンは名前の通り、とてもデリケートな部分です。
特に夏の生理のときはムレてしうことが多いです。
ムレると細菌が繁殖しやすいのでかゆくなったり不快感を覚えます。

しかしVIO
脱毛をすることで蒸れることを防止して清潔に保つことができます。
これにより、生理のときの不快感が大幅に軽減されるのです。

ハイジニーナとは?

ハイジニーナとは、アンダーヘアを全て処理して全くの無毛状態にすることです。
海外セレブや女優など女性が憧れているモデルたちがハイジニーナにしていることを雑誌やメディアに取り上げられたことにより一般的に知られるようになりました。

VIO脱毛はアンダーヘアを一部残して毛量を減らしたり形を整えて、Iライン、Oラインは全てなくして、Vラインを一部残す脱毛方法です。
しかし、ハイジニーナはVIOすべてを脱毛してツルツルにすることです。

海外では当たり前?

「海外ではハイジニーナは当たり前」と言う話をよく聞きますよね。
しかし、実際は海外で当たり前と言うわけではありません。
海外でも国によってアンダーヘア事情は変わってくるのです。
では、国によってどのように変わってくるのか見てみましょう。

海外のアンダーヘア事情

日本でも大人気になったセックスアンドザシティでVIO脱毛の存在を知らしめたアメリカではやっぱりVIO脱毛をするのが当たり前になって来ているようです。

またヨーロッパは様々な国の集合体なので、アンダーヘア事情もその国ごとで異なってきます。
たとえば、中東は、女性のみならず男性もアンダーヘアーを処理しているそうです。
イギリスでは、ムダ毛の処理に対する意識がかなり高いです。
それに対して、フランス人のように、あまり気にしていない国もあります。

  • ツルツルが当たり前の国
  • 薄くするのが当たり前の国
  • 全く処理しないでいい国

このようにヨーロッパは国によって本当に多様です。
それでは各国のVIO脱毛事情を詳しくみていきましょう!

アメリカ

海外の中でもアメリカ人女性のアンダーヘアの処理率は高いと言われています。
アメリカはもっとも早くからアンダーヘアの脱毛を行った国とも言われています。

「アンダーヘア=不潔」と言う考えをしているので、ほとんどのアメリカ人女性は入念にアンダーヘアのお手入れを行っているそうです。

海外ではアンダーヘア処理が当たり前というわけではなく、「アメリカではアンダーヘア処理が当たり前」と認識する方が正しいようです。

アメリカで主流なVIO脱毛

アメリカでは約半数以上の女性がなんとハイジニーナ!
多くの人が何かしらの方法でVIO脱毛を行っています。
その方法ですが、除毛クリームブラジリアンワックスといった、毛根からツルツルにできるような脱毛方法。

ブラジリアンワックスの場合は、専門のサロンがあり、1回約5,000円ほどだそうです。
そのため、経済的に余裕のある方はアメリカでも医療脱毛が行われるそうです!

フランス

個を重視するフランスでは、VIO脱毛も個人差が大きいそうです。
ただ、それでも少しは整えている人が多く、整え方に色々名前があるようです。

フランスでも若い世代ほど脱毛する!

クラシック ショーツからはみ出る毛を整える。I・Oラインは脱毛しない。
チケ・メトロ 地下鉄の切符の意味。Vラインは長方形に整え、I・Oは脱毛してしまいます。
多数派の脱毛方法です。
エシェンクレ Vラインに小さな逆三角形を残す脱毛方法。I・Oも脱毛します。
アンテグラル ハイジニーナです。フランスではアメリカほどハイジニーナが人気ではありません。

アメリカと比べると割とナチュラル志向なフランスでは、チケ・メトロの形の人が多く、若い世代になるにつれてハイジニーナにする傾向があります。
しかし基本的にI・Oラインは処理してしまうことが多く、日本よりかはアンダーヘア処理に興味を持っているようですね。

若い世代ではアンダーヘアが気になる15歳くらいから脱毛をし始め、18歳頃にはアンテグラルにしてしまう人が多いようです。

イギリス

イギリスでもムダ毛処理の文化はあるようなのですが、体毛の質や色に多用のある国なので、ムダ毛処理も人それぞれといったところのようです。
日本ほど脱毛も盛んではないですが、やはりこだわっている人はIPL脱毛まで行っていることが多いようです。

中東

中東の男性は立派なヒゲを生やしているイメージですよね。
だから女性もナチュラルな感じなのかな?と思いきや!
実は宗教的な理由もあり、脱毛をしている女性がほとんどなのだとか。
もちろんVIOも剃ってしまうこと、と教えがあり、昔から中東の女性はVIOを処理するのが一般的。
暑い国が多いため、衛生的な理由もあると考えられています。

中東女性御用達の脱毛方法『シュガーワックス』

そして中東女性の脱毛の主流の方法が、中東出身のフィフィさんも紹介しているシュガーワックス
これは原材料がその名の通り砂糖でできているのですが、ブラジリアンワックスのように粘度の高いワックスなんだそうです。

それを手で温めてとろみをつけ、脱毛したい箇所に塗ります。
そして乾いて固まったところを引きはがす方法なんだとか。

ワックス系の引き抜く脱毛は、脱毛期間も長持ちしますし、仕上がりも綺麗なので人気な方法ですね。

南米

南米ではアンダーヘアの処理は毎日の身だしなみといったような感覚だそうです。
南米の女性はラテン系で、露出の高いセクシーな服装を着ることが多ので、全身の毛の処理はもちろん、アンダーヘアの処理もおこたりません。
ブラジリアンワックスという名称を生み出すくらいなので、その脱毛に対する意識の強さがよく分りますよね。