VIO脱毛の海外事情は?ハイジニーナは当たり前?

VIO脱毛

美意識が高い女性の中で常識になってきているVIO脱毛
芸能人やモデルも脱毛している事を公表していることによりさらに注目されるようになりました。

女性のデリケートゾーンは名前の通り、とてもデリケートな部分です。
特に夏の生理のときはムレてしうことが多いです。
ムレると細菌が繁殖しやすいのでかゆくなったり不快感を覚えます。

しかしVIO
脱毛をすることで蒸れることを防止して清潔に保つことができます。
これにより、生理のときの不快感が大幅に軽減されるのです。

ハイジニーナとは?

ハイジニーナとは、アンダーヘアを全て処理して全くの無毛状態にすることです。
海外セレブや女優など女性が憧れているモデルたちがハイジニーナにしていることを雑誌やメディアに取り上げられたことにより一般的に知られるようになりました。

VIO脱毛はアンダーヘアを一部残して毛量を減らしたり形を整えて、Iライン、Oラインは全てなくして、Vラインを一部残す脱毛方法です。
しかし、ハイジニーナはVIOすべてを脱毛してツルツルにすることです。

海外では当たり前?

「海外ではハイジニーナは当たり前」と言う話をよく聞きますよね。
しかし、実際は海外で当たり前と言うわけではありません。
海外でも国によってアンダーヘア事情は変わってくるのです。
では、国によってどのように変わってくるのか見てみましょう。

海外のアンダーヘア事情

日本でも大人気になったセックスアンドザシティでVIO脱毛の存在を知らしめたアメリカではやっぱりVIO脱毛をするのが当たり前になって来ているようです。

またヨーロッパは様々な国の集合体なので、アンダーヘア事情もその国ごとで異なってきます。
たとえば、中東は、女性のみならず男性もアンダーヘアーを処理しているそうです。
イギリスでは、ムダ毛の処理に対する意識がかなり高いです。
それに対して、フランス人のように、あまり気にしていない国もあります。

地域によって脱毛の習慣も違う?

  • ツルツルが当たり前の国
  • 薄くするのが当たり前の国
  • 全く処理しないでいい国

このようにヨーロッパは国によって本当に多様で、欧米圏=ツルツル、アジア=ナチュラルという傾向になっていますが、国の経済状況などによっても左右されるのがVIO脱毛です。
それでは各国のVIO脱毛事情を詳しくみていきましょう!

欧米圏




アメリカ

海外の中でもアメリカ人女性のアンダーヘアの処理率は高いと言われています。
アメリカはもっとも早くからアンダーヘアの脱毛を行った国とも言われています。

「アンダーヘア=不潔」と言う考えをしているので、ほとんどのアメリカ人女性は入念にアンダーヘアのお手入れを行っているそうです。

海外ではアンダーヘア処理が当たり前というわけではなく、「アメリカではアンダーヘア処理が当たり前」と認識する方が正しいようです。

アメリカで主流なVIO脱毛

アメリカでは約半数以上の女性がなんとハイジニーナ!
多くの人が何かしらの方法でVIO脱毛を行っています。
その方法ですが、除毛クリームブラジリアンワックスといった、毛根からツルツルにできるような脱毛方法。

ブラジリアンワックスの場合は、専門のサロンがあり、1回約5,000円ほどだそうです。
そのため、経済的に余裕のある方はアメリカでも医療脱毛が行われるそうです!

アメリカで人気のVIOスタイル✨

1位 ハイジニーナ
アメリカでは定番のハイジニーナにしてしまう人がほとんどなアメリカ!
男性もハイジが多いのでナチュラルにしているアジア人を見てビックリされることもあるのだとか。

2位 マイクロ・トライアングル
小さめのトライアングル。
アメリカでもハイジニーナはちょっと恥ずかしい人もいるようで、一番毛の濃い部分を残しながらナチュラルにすっきりさせる方法。

3位 Oneフィンガー
スタイルが良く見えると評判のOneフィンガー。なんでも脚が長く見せる効果があるのだとか。

  • 都市部だとIPLやレーザー脱毛が揃っている。
  • オーソドックスな方法はブラジリアンワックス。
  • 多種多様なアメリカなので、脱毛するなら日本でしていった方がおすすめ

フランス

個を重視するフランスでは、VIO脱毛も個人差が大きいそうです。
ただ、それでも少しは整えている人が多く、整え方に色々名前があるようです。

フランスでも若い世代ほど脱毛する!

クラシックショーツからはみ出る毛を整える。I・Oラインは脱毛しない。
チケ・メトロ地下鉄の切符の意味。Vラインは長方形に整え、I・Oは脱毛してしまいます。
多数派の脱毛方法です。
エシェンクレVラインに小さな逆三角形を残す脱毛方法。I・Oも脱毛します。
アンテグラルハイジニーナです。フランスではアメリカほどハイジニーナが人気ではありません。

アメリカと比べると割とナチュラル志向なフランスでは、チケ・メトロの形の人が多く、若い世代になるにつれてハイジニーナにする傾向があります。
しかし基本的にI・Oラインは処理してしまうことが多く、日本よりかはアンダーヘア処理に興味を持っているようですね。

若い世代ではアンダーヘアが気になる15歳くらいから脱毛をし始め、18歳頃にはアンテグラルにしてしまう人が多いようです。

フランスで人気のVIOスタイル✨

1位 チケ・メトロ
スクエア型に処理する方法。
ナチュラルさ残しつつスッキリと見せることができるので手軽で人気のVIOスタイルになります。

2位 エシェンクレ
アメリカでも2位だった「マイクロ・トライアングル」と同じ処理の方法です。
よりコンパクトにだけどハイジニーナは少し恥ずかしいという人にオススメです。

3位 クラシック
ナチュラル志向のフランスではお手入れをしない派の人も多いです。
他人と自分を比較しないフランスらしい考えが感じられますね。

  • パリなどの都市部に脱毛サロンなどがあることにはある
  • 欧米の中でも自由な考えのフランスなので、VIOの処理は人それぞれ
  • 脱毛をするなら日本でしていった方がおすすめ。

イギリス

イギリスでもムダ毛処理の文化はあるようなのですが、体毛の質や色に多用のある国なので、ムダ毛処理も人それぞれといったところのようです。
日本ほど脱毛も盛んではないですが、やはりこだわっている人はIPL脱毛まで行っていることが多いようです。

主流はブラジリアンワックス

イギリスでもVIO脱毛で人気なのはブラジリアンワックスです。
何回も続けていると毛が抜けやすくなり、またお値段も手ごろなのが人気なようです。

ブラジリアンワックスはスタイルを気軽に選ぶことができるので、どれにするかを選んでオーダーするシステムになります。

イギリスで人気のVIOスタイル✨

1位 ハリウッド
イギリスでハイジニーナは「ハリウッド」と呼ぶそうです。
インパクトのある名称ですね。覚えやすくて良いです✨

2位 ブラジリアン
細長く線のように残すスタイルで、水着をよく着る人にオススメのスタイルです。

3位 ベーシック
ナチュラル向けのスタイル。

  • アメリカよりもやや保守的なスタイルが多い
  • 肌や毛質の関係によりブラジリアンワックスが多い
  • 都市部ではIPL脱毛できるところもあり

オーストラリア

オーストラリアは日本からも留学生が多い地域ですよね。
欧米圏では治安も比較的良く、近代的な都市です。
オーストラリアも脱毛に関しては個人の自由という考え方がベーシックになっています。
しかし欧米圏の傾向である「VIOはツルツル」「ほかの部分はあまり脱毛していない」という人が多いです。
VIOに関しては男女問わず脱毛(ブラジリアンワックス)していることが多いので、VIOの意識は高めのようです。

オーストラリアでは男女ともにハイジニーナにしている人が多いため、大多数がブラジリアンワックスで脱毛をしているようですが、レーザー脱毛も人気のメニューです。

シドニーでは施術できるとこのが多いのも嬉しいですね。
ただし日本のようなオプションがたくさんあるサービスではなく、都度払いの1回コースで料金設定をしているところが多く、非常にシンプルなレーザー脱毛を施術することが可能になります。(日本よりも良いという声が多い…)

オーストラリアで人気のVIOスタイル✨

1位 ハイジニーナ
男女問わずほぼアンダーヘアが無いオーストラリアでは、ぶっちぎりのハイジニーナスタイルが人気。

2位 マイクロ・トライアングル
Vゾーンの中心部分が痛くて脱毛ができない!という方は、Vの中心部だけを残す施術もしているのだとか。

  • シドニー周辺ではIPL脱毛やレーザー脱毛が揃っていて脱毛環境はかなり良い
  • 日本のコース料金制ではなく、都度払い制が基本。気軽に施術することができる
  • 日本よりも1回あたりの料金が安い
  • 総合的にみて、日本よりもオススメかも

スペイン・ポルトガル(南欧)

スペイン・ポルトガルはヨーロッパの中でも毛が多い人が多い地域ですよね。
腕や脚だけでなく、男性の場合胸毛も多いイメージですが、実際に多いようです。
これまではそういった毛もセクシーなシンボルでしたが、現在では脱毛にハマる男性が続出中の模様。

このように南欧の男たちに脱毛への熱意の火を付けたといっても過言ではない男、それはクリスティアーノ・ロナウド選手!
彼はポルトガル出身ですがかなり毛に対してのこだわりのある方のようです。

脱毛戦士でもあるクリロナは「眉毛から下は毛が無い」と言われるほどの脱毛マニアで、胸毛はもちろんVIOも処理済みだという噂。
日本から移籍したサッカー選手も、周りの選手のVIOが無い!ということで日本人でも処理してしまう人が多いのだとか。

元々南欧はVIOに対しては他のヨーロッパ諸国よりも脱毛意識が低く、どちらかというと腕や脚、胸といった見える部分のみを処理していたようですが、近年では男女ともにワキ・VIOの処理は必須のようです。

スペインで人気のVIOスタイル✨

1位 ハイジニーナ
情熱の国スペインでもやはりハイジニーナが人気の模様。
男性は未処理の方も結構いるそうですが、女性はハイジニーナにしている人が多いそうです。

2位 マイクロ・トライアングル
やはり痛がりの人はVの中心部分を残す人も多いのだとか。
スペインでもツルツルもいいけど少し残っているのも男性からは人気だそうです。

  • 脱毛人口増加中。ブラジリアンワックスが主流だけどIPLが流行ってきている。
  • 女性の多くは何かしら処理をしている人が多い。
  • 男性は胸毛などVIO以外の脱毛からはじめることが多い模様。

東アジア

韓国

お隣の国、韓国はやはり日本と似たような感じなのでしょうか?
実は、韓国では男性があまり女性のムダ毛を気にしないという意見が多いようです。
しかしワキ・足に関しては自己処理などを行っている人が多いです。

韓国女子はワキはレーザー脱毛、VIOは・・・?

韓国の女性はワキを主にレーザー脱毛している人が多いそうです。
日本と同じですね。

しかしVIOに関してはブラジリアンワックスが主流なのだとか。
やはりVIOをレーザー脱毛してしまうと毛が生えてこなくなるなどの理由もありますし、純粋に何度も通うのが面倒だということもありますよね。
そのため、処理をする際はブラジリアンワックスが主流とのことでした。

そして調べて意外だったのが、韓国女性の方が日本女性と比べて体毛が薄い人が多いんだとか。
それはVIOにも言えることで、割とストレートな毛質で量も多くなく、そのため男女ともにあまりVIOの毛を気にしている人が少ないそうなのです!
そのため韓国ではVIOだけでなく腕や脚なんかもナチュラル志向の人が多いんだそうですよ!

しかし若い世代なんかはやっぱり気になる人もいるようで、ハイジニーナにしている人もそこそこいるんだとか。
元々日本人ほど毛に対しての意識が少ないという結果でした!

韓国で脱毛する場合は注意が必要?

最近韓国で美容整形をする日本人が増えてきていて、脱毛も韓国でしようと考えている人が多いかもしれません!しかし注意してほしいことがあります。

  • 韓国の人は体毛が薄い
  • 特にVIOの毛質は日本人とはかなり違う(らしい)
  • 基本はレーザー脱毛になる

ということになります。
何度も言いますが、日本人と韓国人、顔は似ていますが体毛に関してはかなり違うと言われています。
特にVIOは結構毛質が違うなんて言われています。
具体的には日本人の方がかなり剛毛で毛が多いんだとか。

韓国にももちろん脱毛メニューはあるのですが、日本人の剛毛にはスタッフさんがあまり慣れていなかったり、回数なども毛が少ない韓国人向けに用意されている可能性があります。
そのため韓国でVIO脱毛をする場合は日本とは違う点がたくさんあるという認識で臨むと良いかもしれません。

中国

さらにお隣の国、中国の場合はどうなるでしょうか?
中国はさらに脱毛に関して寛容な国で、実際に中国出身の人も「まだワキ毛を処理してない人も割と多い」と言っていました!

そのためVIOに関する処理も世間一般的にはあまり行われていないようです。
それに中国では国土面積がかなり広く、水遊びをする機会というのがかなり少ないようです。
特に海なんかは一生のうちに一度も見なかったという人も多いので、ビーチへ行く機会は他国と比べるとかなり限られるようです。

そのためVIOに関しても、脱毛を行っているのは上海や北京といった主要都市に住んでいる人のみになるようです。
さらに中国も韓国と同じように、日本よりも毛が薄い人がほとんどだそうなので、そういった理由からも毛の処理に関する意識が低いようです。

日本人って意外と毛が濃いんですね

銀座カラーが中国で展開!合計16店舗

日本でも有名な銀座カラーが中国へ進出!
中国では以下のエリアで店舗を展開しています。

  • 北京 2店舗
  • 南京 1店舗
  • 苏州 1店舗
  • 上海 8店舗
  • 杭州 1店舗
  • 深圳 3店舗

中国でも日系脱毛サロンで施術できるのは嬉しいですよね!

東南アジア

シンガポール

シンガポールは旅行だけでなく、滞在出張などで数年間居住するという人も多いと思います。
配偶者ビザで数年間住むという人なんかは、シンガポールで脱毛はできるの?と興味津々な部分ではあると思います。
シンガポールには脱毛可能なところがあるので、施術する際の注意点などをまとめました!

シンガポールでは日本でお馴染のサロンがたくさん!

シンガポールといえば観光のイメージがありますが、多種多様な企業が集う都市国家でもあります。
そのため各国の駐在員がシンガポールに拠点を置いているため、脱毛のニーズも他の東南アジア各国と比較すると段違いです。

そういったニーズに応えるべく、日系脱毛サロンも多いんですよ!

ミュゼプラチナム東京シンガポール MUSEE Platinum TOKYO Singapore

ミュゼはシンガポールでも超お得!
海外でも大活躍しているミュゼをチェックしてみましょう!

ミュゼはシンガポールで6店舗展開中!

ミュゼプラチナムはシンガポールではなんと6店舗も展開しています。

  • センターポイント店
  • プラザシンガプラ店
  • スコッツスクエア店
  • ブギス店
  • ウエストゲート店
  • ベドックポイント店

主要駅近くにミュゼの店舗があるので、シンガポール在住でも気軽に施術に通うことが可能です。

ミュゼのキャンペーンは28$で施術できる!

ミュゼと言えばワキ+Vラインの日本でもおなじみの超激安キャンペーンがなんと6回28$で施術することが可能!
セットプランにするとプランにもよりますが、ワキもしくはVラインの脱毛がプレゼントで付いてきますよ♪

もちろんVIO専用のコースもあるので要チェックです!

ミュゼプラチナム シンガポール

脱毛ラボ シンガポール

脱毛ラボ シンガポールではシンガポール$99で全身脱毛を施術できるちゃう!らしいのですが、脱毛ラボがシンガポールの中では日本人に対応しているサロンではないのかと感じます。
その理由ですが、

  • 日本人スタッフを希望すると対応してもらうことができる
  • 日本の脱毛ラボよりも部分脱毛プランが多い
  • サイトも日本語対応でわかりやすい!

といった感じになります。
英語力に不安のあるかたでもオススメです!

脱毛ラボ シンガポールでVIO脱毛する場合は?

脱毛ラボ シンガポールでVIO脱毛をする場合、VIOはexclusive areaというプランになります。

Lite Monthlyプランは月額99$で3か所から選ぶことが可能なのですが、exclusive areaを含めた場合+50$になります。
そのため約日本円では12,000円前後でVIO脱毛が可能になります。

脱毛ラボ シンガポール

銀座カラー シンガポール

銀座カラー シンガポールはプラザシンガプーラ店、オーチャード店の2店舗展開しています。
銀座カラーは世界各国で展開していますが、シンガポールでも銀座カラーの施術が可能です♡

ただ2つ押さえておきたいポイントが!

  • 日本語対応のスタッフはいない
  • HPに料金が記載されていない

という点になります。
HPは日本語対応ですが、肝心な部分は多く記載されていないため、料金や回数などコースを選ぶ際には日本語スタッフのいない中での初回カウンセリングで確認することになります。

銀座カラー シンガポール

マレーシア

マレーシアは近年大注目の国で、日本からも移住したい!という若者が増えてきています。
経済が急速に発展しているということもあって脱毛サロンも他の東南アジアと比べて多くなっているのが特徴です。

ミュゼプラチナム東京マレーシア MUSEE Platinum TOKYO Malaysia

シンガポールでも展開していたMUSEE Platinum TOKYOですが、マレーシアでも5店舗営業しています。
ミュゼということで日本人が通っているの?と思いきや、マレーシアのローカル女子も多く通うサロンなんだとか♡
マレーシアはムスリムの人も多いため、宗教上の理由から手足や顔は脱毛しませんが、ハイジニーナの施術がとっても多いんです。

日本人スタッフはいませんが、様々な国のお客さんがいるそうなので、英語が聞き取りやすいスタッフが多くいますよ。

現在のキャンペーンはワキもしくはVライン!

現在マレーシアで行っているキャンペーンは、ワキもしくはVライン6回が68リンギット(約1700円)で施術可能なんだとか。
シンガポールではVライン+ワキで6回約2000円程度だったので、マレーシアの方がちょっと割高なんですね。

ちなみにVラインというのは、図の部分を指すので注意が必要です。

営業店舗は5か所

マレーシアでは営業店舗が5か所あります。

  • The Curve
  • The Gardens Mall
  • IOI City Mall
  • Sunway Pyramid
  • Amaya Maluri NEW!!

東南アジアでも人気のミュゼプラチナム、今後の活躍が期待されますね!

MUSEE Platinum TOKYO Malaysia

インドネシア

インドネシアは元々どちらかというと毛が濃い方がセクシー!という考え方のようです。
そのため芸能人など水着になる機会が多い人や都会派な考えの人は既に脱毛を済ませてしまっているという人も多いようです。

しかし基本的には毛があった方が魅力的だという考えなので、一時的に毛の処理をしなくてよくなる光脱毛機が人気なようです。
家庭用脱毛機などは永久的に脱毛することは中々難しいため、再度生えてくるのもまた楽しんでいるとのこと。

肝心のVIOに関しても、処理をする人もいればしない人もいる、といった感じのようです。
主な処理方法はこちらもブラジリアンワックス。インドネシアでは「オールクリア」などと言ったりするそうですよ。国によって呼び名が変わるのもまた興味深いですね。

東南アジア最大の都市ジャカルタ

日本のイメージからすると、タイのバンコクの方が有名かもしれませんが、東南アジア最大の都市はジャカルタになります。
インドネシアは多民族国家なのですが、英語が通じないことも多く、マレー語が共通語になります。

また東南アジア最大のムスリム国家ということもあり、イスラム教と脱毛の関係は非常に密接となっています。
ムスリムはVIOは処理、ヒゲや髪の毛は多い方が美しいという考えの人が多いため、ジャカルタではIPLでのハイジニーナ脱毛も人気急上昇中なんです。

ミュゼプラチナム東京 インドネシア MUSEE Platinum TOKYO Indonesia

ミュゼプラチナムインドネシアでは、回数無制限のワキ&ビキニラインが80万ルピア(約7,000円)で施術できるキャンペーンを行っています。
VIO脱毛はブラジリアンワックス主流のインドネシアなので、VIOは徹底的に施術したいというところでしょうか。
東南アジアの国でもそれぞれ力を入れているプランが違ってまた面白いですね。

ミュゼ東京インドネシアの5店舗

ミュゼ東京インドネシアの5店舗は以下になります。

  • Central Park
  • fX Sudirman
  • Bella terra
  • Neo SOHO
  • Surabaya

MUSEE Platinum TOKYO Indonesia

タイ

タイは昔から観光などで日本人が好む国で、美容に対する意識も高い地域です。
日本人も多い地域ですが、脱毛に関してはどうなっているのでしょう?

脱毛にはそこまでこだわりの無いタイの人

東南アジアは基本的にあまりムダ毛処理に関しての情熱は少ないようです。
インドネシアと似ているかもしれませんね。
しかし首都バンコクを中心とした繁華街では、日本人向けに脱毛サロンがオープンし、ローカルサロンでも脱毛の取り扱いが増えてきているそうです。

脱毛ラボ・タイ – Datsumo Labo Thailand

タイでも日本のサロンで脱毛した~い!という方要チェック!
脱毛ラボがバンコクに出店しています!

脱毛ラボ・タイの特徴

脱毛ラボ・タイの特徴は

  • 日本人スタッフがいる!
  • 店舗はバンコクに1店舗!最寄りはスクンビット!

といった感じになります。
日本人スタッフがいるというのは、日本語しか無理…という方にとってはありがたいですね。

プランは全身脱毛と部分脱毛が選べる

プランは全身脱毛、部分脱毛どちらからでもOKになります。

全身脱毛は月額1783バーツ(約5,500円)で、全身6回のコースになります。
脱毛ラボは全身を4回に分けて脱毛するため、24回通う計算になりますね。

図の一番下に記載されている1回で全身脱毛をするプランになると合計もう少し高いお値段になります。

部分脱毛の場合、4か所の回数制パックがありました。
一番多い18回コースで1回あたり約1,600バーツになるので、1回5,000円くらいになりますね。
12回以上になるとワキパックがプレゼントで付いてくるようです。

タイ語バージョンのHPにのみ記載されていましたが、パーツごとの料金なるようです。
サイズSは499バーツ、サイズMは699バーツ、サイズLは999バーツになります。
長期コースの契約が難しいという方は単発利用ができるのも嬉しいですね!

Datsumo Labo Thailand

日系サロンRegina

日本語対応OKのレジーナは日系の脱毛サロンになります。
日本人スタッフがほぼ常駐しているため、日本語での対応もOKなのが嬉しいですね。

気になるReginaの脱毛についてですが以下のような感じです。

  • 日本のレジーナクリニックとは異なり、IPL脱毛での取り扱い。
  • シェービングサービスがついている!
  • 美容に関するドクターメニュー有り。

日本とは少し異なる部分も多いので、利用する際には脱毛の流れなどをきちんと確認してから施術を受けたいですね!

お値段は?

お値段に関してですが、全身脱毛の回数制パックについては記載がありませんでした!
都度払いの場合、「SSパーツ 1,000バーツ」「Sパーツ 1,500バーツ」「Lパーツ 3,300バーツ」ということでした。

Lパーツは背中や両ひざ下が1回3,300バーツということで、日本円に直すと約1万円程度ということになりますね。
都度払いで1万円程度になりますので、回数制にするともう少しお安くなるかとは思いますが、それでもとっても割安!ということにはならないかと思います。

ハイジニーナ料金は不明!

バンコク・レジーナでもVIOの脱毛コースはあります。
4回、6回、8回から選ぶことはできるのですが、HPに料金の掲載はありませんでした。

都度払いでVIO脱毛をすると、Sパーツ×3か所分のお値段になるため、1回4,500バーツになります。
4,500バーツの場合約13,000円程度になるので、日本のキレイモなんかだと1回あたり約1万円で全身脱毛ができてしまうので少し割高かもしれませんね。

ベトナム

ベトナムは現在人気上昇中の国です。
そのため日本からの移住者も増えていて、日本人が通う脱毛サロンも増えてきているのだとか。
しかしまずはベトナムの脱毛事情からみていきたいと思います!

ベトナム女子はワキ毛のみ処理している

ベトナムでは脱毛の処理はワキのみをしているらしいです。
しかも!ベトナムではなんと夫や彼氏など、配偶者が処理するのだとか!

マッサージ…的な感覚なのでしょうか?
しかしワキは見えにくい部位なので、他人に処理してもらうのも良いかもしれませんね。

ベトナムでは「毛を剃ると濃くなる」「腕毛を剃ると金運が無くなってしまう」などと信じられている部分があり、ムダ毛処理に興味はあるものの、放置してしまっている人が多いそうです。

しかしそれでもムダ毛処理には興味深々なベトナム女子なので、今後IPL脱毛やVIOの脱毛も人気になっていきそうな予感ですね!✨

中東

中東の男性は立派なヒゲを生やしているイメージですよね。
だから女性もナチュラルな感じなのかな?と思いきや!
実は宗教的な理由もあり、脱毛をしている女性がほとんどなのだとか。
もちろんVIOも剃ってしまうこと、と教えがあり、昔から中東の女性はVIOを処理するのが一般的。
暑い国が多いため、衛生的な理由もあると考えられています。

中東女性御用達の脱毛方法『シュガーワックス』

そして中東女性の脱毛の主流の方法が、中東出身のフィフィさんも紹介しているシュガーワックス
これは原材料がその名の通り砂糖でできているのですが、ブラジリアンワックスのように粘度の高いワックスなんだそうです。

それを手で温めてとろみをつけ、脱毛したい箇所に塗ります。
そして乾いて固まったところを引きはがす方法なんだとか。

ワックス系の引き抜く脱毛は、脱毛期間も長持ちしますし、仕上がりも綺麗なので人気な方法ですね。

南米

ブラジル・チリ(南米)

南米ではアンダーヘアの処理は毎日の身だしなみといったような感覚だそうです。
南米の女性はラテン系で、露出の高いセクシーな服装を着ることが多ので、全身の毛の処理はもちろん、アンダーヘアの処理もおこたりません。
ブラジリアンワックスという名称を生み出すくらいなので、その脱毛に対する意識の強さがよく分りますよね。

ブラジリアンワックスとは?シュガーワックスとは違うの?

ブラジリアンワックスとはシュガーワックスと同じように、粘度の高いワックスを塗布し、一気に引きはがすことによって、時短で綺麗に脱毛することができます。
しかしブラジリアンワックスとシュガーワックス何が違うの?ということですが、主成分が異なります。

ブラジリアンワックス松ヤニ
シュガーワックス砂糖

ブラジリアンワックスの方が粘度が高く、より剛毛な毛でも取りこぼしなく脱毛ができるようになっています。
シュガーワックスの方がお肌には優し目となります。しかし毛によっては処理しきれないものもあるようです。

ブラジリアンワックスは自分で行うこともできますが、使用するにあたってコツが必要です。
そのためブラジリアンワックスを初めて使う際には専用のサロンにお願いした方が良いかもしれませんね。

海外移住を考えている人はみんなどうしてる?

VIO脱毛はセンシティブな部分ですので、留学や移住を考えている人にとっては真剣な問題ですよね。
そのため海外とVIO・脱毛の関係を大まかにまとめてみると

  • 欧米圏はVIO脱毛は完了済みが多い
  • アジア圏は日本と脱毛意識が似た感覚。VIOもそれ以外もナチュラル志向が多め
  • 脱毛の方法は各国によって違う

ということになります。
特に欧米圏へ行こうと思っている人はどうしようかな…?と悩む方も多いですよね。

海外へ行こうと思っているけど、現地で脱毛することはできるのかなぁ?

現地で脱毛したいけどちゃんとできるのかな!?

あまりオフロに入ることが出来ない地域に行くんだけど、大丈夫かな…現地の人はハイジニーナばっかりらしい…

海外でVIO脱毛できる?不安なポイントはこれだ!

  • どんなVIOにしたらよいかわからない。形を上手く伝えられるか不安。
  • 脱毛方法(ワックスや脱毛機)がどんなものがあるのかわからない。
  • 料金がどのくらいになるのかわからない

このように海外でVIO脱毛をするとなると、様々な不安な要素が浮かび上がってきます。
そのためコミュニケーションに自信の無い方は日本で処理をしていった方が良いでしょう。

海外でビーチに行くからはりきってVIOの処理をしたけど、海外製のカミソリってなんだか使いにくくてカミソリ負けしちゃった…

海外で気軽にVIOの自己処理を行おうと思っても、カミソリ負けをしてしまったり、処理をした毛穴から毛嚢炎を起こしてしまうことがあります。
日本だったら起こらないようなトラブルでも起きてしまうのが海外なので、準備期間があるのならば準備していきたいですよね

海外でIPL脱毛できるところは国によりけり。できれば日系サロンで!

光脱毛などのサロンで脱毛機を使用して行う脱毛は、仕上がりが良く肌トラブルも起きにくいので現在人気が出てきている処理方法です。

欧米圏では特に全剃りが当たり前ですが、IPL脱毛が出来るところが都心部などで限られており、可能だったとしても料金が日本のように格安ではなかったりすることがあります。

また毛質が異なる人が多く住むエリアの場合などの場合、機械の出力の関係などでトラブルが起きてしまうケースも考えられます。
そのため海外でIPL脱毛を行う場合は、アフターケアなども可能な状況で行いたいですね。

海外ではブラジリアンワックスが主流

ハイジニーナ人口の多い海外エリアではブラジリアンワックスが人気です。
ブラジリアンワックスは脱毛と違い、再び毛が生えてきますので気軽に処理することが可能です。

お値段もサロンによりますが、3,000円~5,000円くらいの価格設定が一般的で(欧米圏)ヘアサロンに行くような感覚で通うようです。
ブラジリアンワックスは自分でも可能ですが、プロの人に施術してもらうことによりデザイン性や仕上がりが向上し、お肌へのダメージなどを軽減できます。

脱毛のデザインに迷っている方は♡

脱毛のデザインをどうしたらよいか迷っているという方は、VIOのデザインを研究してから脱毛を始めましょう!

VIOのデザインについて

VIO脱毛のデザインについて詳しく見る