トリアなら自宅で脱毛レーザーが体験できる!

トリアは家庭用脱毛機の中でもダイオードレーザーの仕組みを利用したレーザー脱毛が可能な脱毛機になります。
トリアの特徴やスペックについてみていきましょう🎶

トリアは家庭用レーザー脱毛機!果たしてその実力は?

家庭用脱毛機といえばケノンかトリアと言われるくらい知名度のあるトリアですが、ケノンとは違った特徴で脱毛ファンがいるようです。
そんなトリアのスペックはこちら!

本体価格 54,800円
カートリッジ(標準) 照射面積:1㎠ 寿命:15万ショット(500回充電)
強さ設定 1~5段階
脱毛部位 全身可

①濃い毛に効く!

トリアの脱毛機はレーザーで脱毛していくタイプなので、ヒゲやワキ、陰部のような毛の密集地に効くと言われています。
脱毛では光やレーザーが使われますが、こういった光やレーザーの長さは波長によって決まります。
レーザーの場合は同じ波長が皮下内に統一されて届くので太くて濃い毛に効果的なのです。

一方IPL脱毛のような光脱毛の場合は、様々な種類の波長が混ざった光が発射されるため、産毛から濃い毛まで効果が出るのですがその分照射の勢いが弱まってしまうというデメリットがあります。
フラッシュ脱毛(IPL脱毛)の方が使用する上で、様々な種類の毛に効果的で痛みも弱いため扱いやすいのですが、剛毛・多毛な方には効果が弱いといったことがあります。
そのためIPL脱毛では脱毛効果がそれほどなかったという方はトリアを試してみても良いかもしれませんね。

②コードレスが便利

トリアはドライヤーのような形で片手で脱毛していくことができますが、コードレスなのが嬉しいですね。
コード付きのタイプのものは電源が安定して何回でも照射できるのが便利なのですが、やはり体勢によっては照射しにくいことがあります。
トリアならそういった心配もなく、どんどん照射していくことができます。
そのため背中や太ももの裏などの難しい部分も楽々ですよ。

③照射面積が狭い

トリアのレーザーの照射口は円形で1㎠になっています。

一般的に照射口は広い方が照射回数が少なく、全身脱毛のような広い部位の脱毛に向いています。
しかし逆に照射口が広いと鼻の下のような細かい部分が照射しにくいというデメリットがあります。

トリアは照射回数が多くなってしまいますが、レーザー脱毛機なので脱毛効果が強く、細かい部分まで照射することが可能です。
気長に打ち漏れしないように照射できる方はトリアがおすすめでしょう。

トリアで濃い毛とおさらば!

トリアは照射口が狭く、ケノンのようなフラッシュ脱毛機と比較すると全身脱毛には向いていないかもしれません。
しかし寿命はトリアで全身脱毛できるほどになっていますし、フラッシュ脱毛系機械よりも脱毛効果が高く出る人が多いため、愛用者も多いです。

家庭用フラッシュ脱毛で効果が無かった部位もトリアならツルスベ肌をゲットできてしまうかもしれませんね! トリア公式サイトはこちら