ディオーネ

Dione(ディオーネ)公式HPはこちら

ディオーネは痛くない脱毛であるハイパースキン脱毛が特徴の脱毛サロンですが、どういった特徴があるサロンでしょうか?
他のサロンとは少し違った脱毛機を使っているようなので詳しくみていきたいと思います🌟

ディオーネ特徴とは?

ハイパースキン脱毛が痛くなくてすごい✨

通常のIPL脱毛の場合、60度~80度の温度の光を照射するのですが、ディオーネでは体感温度38度という低温での脱毛施術を行うハイパースキン脱毛という方法を採用しています。
こちらの脱毛はいわゆる蓄熱式という方法で、毛が生成に関与している細胞バルジ領域に作用する方法になります。医療脱毛でもSHR方式という脱毛方法があり、これをもっと優しくしたのがディオーネのハイパースキン脱毛なのです。

子どもでも施術できる優しい脱毛!

医療用レーザーやIPL脱毛機といった脱毛機は、確かに脱毛効果が高く5回以上施術すればかなりの毛が消失します。
しかし経験してみたことがある方ならおわかりだと思いますが、「痛み」や「肌へのダメージ」があるのが事実。

肌が弱い子どもやアトピー体質の方は、乾燥による肌ダメージを受けやすいのです。
そのため医療脱毛やフラッシュ脱毛をあきらめていた人も多いのではないでしょうか。
しかしディオーネのハイパースキン脱毛なら低温・肌に優しい脱毛方法なので、脱毛をあきらめていた人にとっては救世主のような脱毛なのです🌟

知ってた~?ディオーネならなんと3歳から施術可能だよ💡

ディオーネの脱毛ならなんと3歳から脱毛が可能。
全身脱毛も大人と比較して料金もお安く設定されています。

ただ幼少期に脱毛しても子どもの新陳代謝は高いため、毛母細胞が再生する可能性の方が高いです。
また成長期に差し掛かるとさらにワキ+VIOは生えてきますので、別途脱毛する必要が出てくるのは事実です。

しかし小学校低学年でもプールの授業のときなどに体毛を気にするお子さんもいるようなので、そういったコンプレックス解消にはディオーネの脱毛は大活躍だと思います。

顔やVIOでも痛くない✨

ディオーネのハイパースキン脱毛なら、業界内でも痛みの一番少ない方式なので顔やVIOといった繊細な部分の脱毛に向いています。

医療脱毛のようなフルパワーで顔脱毛をするとやはり赤みが気になる人も多いです。
また顔やVIO脱毛が痛すぎて断念した…!という方も、ディオーネの痛くない脱毛でリベンジ脱毛してみたいですね🎶

毛根破壊式と蓄熱式の違い

一般的に医療脱毛・エステ脱毛で使う脱毛機には「毛根破壊式」「蓄熱式」のものがあります。
従来の脱毛機はほとんど毛根破壊式を採用しています。
成長期の毛根に作用し、根こそぎ毛根から細胞を破壊してしまうものになります。
そのため施術後数日後に毛がポロポロと抜け始め、しばらくは毛が生えて来ない状態になります。

毛根破壊式は医療脱毛でいえばアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザー(HR式)、ヤグレーザーになります。
エステ脱毛ではIPL脱毛やS.S.C方式がこれに該当します。

毛根破壊式は威力が強く脱毛効果が高いのが特徴ですが、毛穴の炎症を引き起こす可能性があり、肌へのダメージも大きいのがデメリットになります。


一方蓄熱式の脱毛は、脱毛機の中でも新しい脱毛方法で、旧来の毛根破壊式のものよりも施術例が少ないです。
先述したようにバルジ領域という部分に作用し、休止期の毛根に作用します。
そのため毛根破壊式のように、施術後にするっと毛が抜けることはありません。
よって脱毛した実感が湧きにくいという口コミが多いのが事実です。

痛みの感じ方の違い

ニードル脱毛(電気針) 脱毛の中でも最強。激痛。
ヤグレーザー(医療) ザシュっとした重い痛みなどと言われる。
ダイオードレーザーHR式(医療) 針でチクチクするような痛み。ワキやVIOは特に痛い。
アレキサンドライトレーザー(医療) 熱い輪ゴムでペシッと弾かれるような痛み
IPL脱毛(エステ) 熱い輪ゴムでペシッと弾かれるような痛み、静電気みたいとも
S.S.C方式(エステ) 弾かれるような痛み、IPLより痛くないことが多い
ダイオードレーザー蓄熱式(医療) 肌の浅い部分が熱くなる感じ
ハイパースキン脱毛 暖かさを感じる

脱毛で一番痛いのはニードル脱毛という電気針を使ったものと言われています。
しかしこれは毛根一つ一つを針で破壊していくため、レーザー脱毛とは異なります。
レーザー脱毛の中で一番痛いのはヤグレーザーと言われていて、主に男性のヒゲやVIOといった脱毛に使われます。
女性の場合はダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、IPL脱毛が用いられるのが一般的です。

全国に120店舗以上!

ディオーネは全国に120店舗以上ある大手チェーン店になります。
2018年時点で店舗数最大のミュゼプラチナムに次ぐ第二位の店舗数になります。
そのため地方にお住まいの人でも気軽に肌に優しいハイパースキン脱毛を体験することが可能です。

地方都市でもアクセスのよい主要駅にはディオーネの店舗があることが多いため、何度も来店する必要のあるエステ脱毛でも快適に通い続けることが可能です💡

ディオーネの脱毛は少しお高い?💰

ディオーネの脱毛は他のサロンよりも割高な設定に感じている人が多いです。
ディオーネの脱毛は12回コースと6回コースで料金設定されているますが、12回で毛が減ったなぁと実感できることが多いそうです。

医療脱毛の場合、かなり毛が減ったと感じる回数は5回~といわれいます。
IPL脱毛の場合は8回~といわれています。

そのためディオーネのハイパースキン脱毛の場合、12回~減毛を実感できるため、他サロンよりも毛が減るスピードが遅く、脱毛回数が多くなってしまうようです。
そのため1回あたりのお値段は他サロンと同じくらいであったとしても、トータルでは高くついてしまった!ということがあるようです。

ディオーネの脱毛を理解した上で検討してみしよう!

ディオーネの脱毛は他のサロンの脱毛よりも、肌に優しく脱毛回数が多く掛かるということが挙げられます。
しかしこれはディオーネの特徴であり、他サロンと差別化を図ることによって、痛みに弱い方や肌ダメージが気になる方が施術しやすい脱毛方法になっているようです。

Dione(ディオーネ)公式HPはこちら