ルメアでしっかり全身脱毛!コードレスタイプも便利

フィリップスのルメアシリーズはコード式やコードレス式など種類が多く、自分で好きなタイプのものを選ぶことができるのが便利です。
そんなフィリップスの脱毛機ルメアに関して詳しくみていきましょう!

ルメアの主な2つを比較してみた

ルメアには「ルメア プレステージ」「ルメア アドバンス」があり、どれも価格や仕様について特徴が異なります。
それでは詳しくみていきましょう。

2つのルメアの特徴

プレステージアドバンス
価格49,800円(ビッグカメラ)33,800円(ビッグカメラ)
電源コードレス式(充電)コード式
アタッチメント顔用・ビキニライン用顔用・ビキニライン用
重さ360g程度360g程度
発射様式連射・単射可能連射・単射可能

性能的にはプレステージもアドバンスも同じような性能になっていますが、プレステージがコードレス式、アドバンスがコード式になっています。

フィリップスのルメアシリーズはカートリッジの取り換えができないため、同じような性能だったら個人的には価格的に安いコード付きルメアアドバンスでいいかな?と思います。

ルメアプレステージとは

ルメアプレステージは、連射機能がありシングルショットと切り替えることができます。
連射機能にした場合肌の上を滑らせながら脱毛ができるので、楽に時間をかけずに脱毛ができるので便利です。
また、光の照射口に『安全リング』というご照射を防ぐ設計があります。
脱毛していれば間違えて照射してしまいそうになる場面もあると思いますが、正しく肌に当たっていなければ照射されないので、安心してリラックスしながら脱毛ができます。

ルメアアドバンストとは

ルメアアドバンスもプレステージ同様に、自宅で本格的にムダ毛をしたい方向けのアイテムです。
価格は約5万円台で全身のムダ毛ケアができるとなればコスパが良い脱毛器といえます。
照射可能回数は約25万回、アタッチメントも付属しているのでしっかりと脱毛が進められそうです。

ルメアは自宅で光脱毛ができる

ルメアは自分の好きなタイミングで、簡単にムダ毛処理ができる家庭用脱毛機です。
光脱毛はエステやサロンでしかできないと思う方も知れませんが、最近では自宅でカンタンにエステと同じように脱毛ができるのです。
煩わしいムダ毛処理から解放されたい方や、毛抜きやカミソリで肌トラブルに悩まされている人にオススメです。

施術の痛みがほとんどない!

過程での脱毛で一番いやなところが痛いことですよね?そのうえ、肌へのダメージのせいで毛抜きで抜いた後が出てしまい、結局肌があれてしまうこともあります。
ルメアはサロンでも主流になっている光美容脱毛なので、施術の痛みがほとんどありません!さらに、光脱毛は一度で比較的広範囲を施術できるのも特徴です。
慣れると片腕5分程度でできるようになりますので、手軽に素早くケアすることができます。

威力はしっかりめ!

ルメアの使い心地ですが、エステ脱毛を家庭でもできるようにと、しっかりめな使い心地になっています。
1か月に2回、2週間に1回照射を行うと抑毛効果が表れるそうですよ。

ただやはりIPL脱毛機なので、ヒゲやVIOといった毛の濃い箇所には中々毛が減らず根気よく照射していかないといけないということはあります。

アタッチメント変更で顔とVIOに対応可能

ルメアはカートリッジの交換ができないですが、アタッチメントを交換することによって光の出力強度や範囲を調節する脱毛機になります。

顔用アタッチメント

顔用アタッチメントを使用すれば、UVをカットした光を出力してくれます。
敏感な顔の肌に対応したアタッチメントになります。

ビキニ用アタッチメント


ビキニ用アタッチメントは濃いビキニラインに反応するように工夫されたアタッチメントになります。

ルメアなら1台で全身脱毛が可能♡

ルメアシリーズはこれまでからだ用・顔用などに分かれているものが多かったですが、アドバンス以降アタッチメントを取り換える形式のタイプのものが増えました。
そのためルメア1台でアタッチメントで強度を変えながら全身脱毛していくことが可能です。

光美容ルメアの使い方

ルメアの正しい使い方を知ることで効率的で効果的な脱毛が進められます。
ルメアの使用手順と正しい使用方法を解説していきます。

ムダ毛を短くしておく

ルメアで照射する前に、シェーバーやカミソリで今は得ているムダ毛を処理します。
ムダ毛が伸びたままでは照射しても毛が邪魔してしまい、効果が実感しにくくなる可能性があるからです。
そのためにルメアを使用する前には前日もしくは使用前までに、ムダ毛処理をしておきましょう。

電源を入れて肌に当てて照射

ムダ毛を処理したらルメアの電源を入れて脱毛開始します。
照射面は長方形になっています。
ルメアを動かしながら照射をしますが照射面が重ならないように隙間が空いてしまわないように少しずつ行っていきます。
1度の照射範囲は慣れるまで少し時間が掛かるかもしれませんが、使いながら感覚をつかんでいきましょう。
かゆみがあったり、ホクロや傷がある部位は避けながら照射しましょう。

部位に合ったアタッチメントを使用する

購入の前に脱毛したい部位のアタッチメントが付いているか確認しましょう。
ルメアは、部位に合ったアタッチメントを小嫡子脱毛します。
ほとんどのモデルにはビキニエリア用や顔用アタッチメントが付属しています。
顔用アタッチメントはカラダ用アタッチメントと比べて照射範囲が小さく、無理のない範囲で脱毛できます。

はじめは2週間に1度脱毛をする

ルメアを使い始めて最初の3か月間のお手入れの頻度は2週間ごとに行います。
4か月目からは4週間~8週間に1度行います。
光脱毛で効果を実感しやすくするには商社の頻度を守りましょう。

光脱毛は毛が生える毛周期の成長期に当たる期間に照射することで、より効果を実感することができます。
何度も照射したからと言って脱毛効果を早めることはできません。
反対に肌を傷めてしまう可能性があるので注意しましょう。

光美容器ルメアをオススメしたい方

ルメアには多くのメリットがあります。
脱毛器を選ぶときには、その商品のメリットは知っておきたいところです。
ルメアを使いたくなるようなメリットをご紹介します。

脱毛効果を実感する人が多い!

大手ショッピングサイトの口コミを見てみると「数回使用すると脱毛効果が見えてきた」や「サロンのようにケアできる」と効果を実感する声が多く見受けられました。
実際にルメアを使用した人の口コミを見ると、ルメアを購入するか、ほかの脱毛器にするか比較することができます。
家庭用の光脱毛器の平均価格よりお手頃なものは、使い方がいまいちわからなかったり、何度も使用しているけど効果が目に見えないという事もあります。
大手メーカーという事もあり、安心して購入する人が多いようです。

ヨーロッパで5年連続売り上げNo1!

フィリップスの光美容器研究で13年の歴史を誇る企業です。
ヨーロッパでの売り上げも5年連続No1と、効果もお墨付きとなっているんです!カミソリなどで除毛した後の肌の表面に、わずかに見えている毛や黒い毛に反応する光が働きかけ、徐々に肌を滑らかにしてくれます。

カミソリを使用するより肌に負担がかからない

カミソリの脱毛では肌に負担をかけてしまうこともあります。
カミソリの刃を肌に滑らせて脱毛するので、肌を傷つけてしまうことがあります。
光脱毛器は毛根に対して光を照射するため、カミソリのように肌表面に直接ダメージを与えることは比較的少ないでしょう。
光脱毛器の場合でも、日焼けをしていたりホクロがあったりする場合は、痛みや火傷の原因となるので細心の注意が必要です。

Fillipsルメア公式サイトはこちら